books

怪しい戦国史 / 本郷和人

怪しい戦国史作者:本郷和人発売日: 2019/08/09メディア: Kindle版 いくらなんでも最近本出し過ぎちゃう?と思う本郷先生。この本はなんかぶつ切り感があると思っていたら雑誌の連載をまとめたものだった。連載を持っているからこそ本がたくさん出せるってこ…

全国マン・チン分布考 / 松本修

全国マン・チン分布考(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル)作者:松本修発売日: 2019/02/01メディア: Kindle版 やはりこれも蝸牛考の世界だったと。子供のものを指していたものが大人にも使われるという考察も興味深い。 私が小学校時代を…

国家と教養 / 藤原正彦

国家と教養 (新潮新書)作者:藤原 正彦発売日: 2018/12/14メディア: 新書 表面的に読むとニッポンすごい本、陰謀論本的に取られなくもないけど、自分で考え判断することの大事さを訴えている。 ところどころ出てくるモテ自慢は寛容の心で読み飛ばしたいところ…

「糖質過剰」症候群~あらゆる病に共通する原因~ / 清水 泰行

「糖質過剰」症候群 あらゆる病に共通する原因 (光文社新書)作者:清水 泰行発売日: 2019/05/21メディア: 新書 糖質過剰の問題を知り、減らすことの効用を実感するようになって7年がたつので、それなりにいろいろ知っているつもりだったが、それでも新しい驚…

人間の性はなぜ奇妙に進化したのか / ジャレド ダイアモンド

人間の性はなぜ奇妙に進化したのか作者:ジャレド ダイアモンド発売日: 2013/07/12メディア: Kindle版 まあタイトル通りの内容なんだけど、人間の特徴の一部を持っている動物ならけっこういるというのはおもしろかった。

〈出雲〉という思想 近代日本の抹殺された神々 / 原武史

〈出雲〉という思想 近代日本の抹殺された神々 (講談社学術文庫)作者:原武史出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/10/23メディア: Kindle版 出雲王権論かと思って読み始めたら、復古神道が国家神道に変わっていく過程のいろいろが考察されていて、想定外のお…

結婚不要社会 / 山田昌弘

結婚不要社会 (朝日新書)作者:山田 昌弘出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2019/05/14メディア: 新書 「欧米では結婚と経済は分離している」「欧米では結婚圧力はないが、パートナー圧力がある」とか、なかなか興味深かった。 日本は恋愛とか結婚を産業…

年金だけでも暮らせます / 荻原博子

年金だけでも暮らせます 決定版・老後資産の守り方 (PHP新書)作者: 荻原博子出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2019/01/16メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 「投資なんか、おやめなさい」と思想は同じだし、内容も重複する。 ただ「年金だけで…

投資なんか、おやめなさい / 荻原博子

投資なんか、おやめなさい(新潮新書)作者: 荻原博子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/09/22メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 最近の「投資しなければ」みたいな雰囲気に疑問を持っていたので読んでみた。いちいちごもっともすぎる。 みず…

脱属国論 / 田原 総一朗 井上 達夫 伊勢﨑 賢治

脱属国論 (毎日新聞出版)作者: 田原総一朗,井上達夫,伊勢?賢治出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2019/05/29メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 田原さんの進行力、さすがだなあと感心する。 伊勢崎さんの指摘する軍事関連の法律がない問題、深…

憲法問答 / 橋下徹 木村草太

憲法問答作者: 橋下徹,木村草太出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2018/10/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 明らかに橋下さん優位で対談が進んでいる。木村さんも普段テレビで言っていることと違うことを言っている。

政治を選ぶ力 / 橋下徹、三浦瑠麗

政治を選ぶ力 (文春新書)作者: 橋下徹,三浦瑠麗出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2019/06/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 猪瀬直樹との対談は全く噛み合っていなかったけど、これはそこそこいけてる。 ただべたべたの実務的な話になると橋…

天皇は今でも仏教徒である / 島田裕巳

天皇は今でも仏教徒である (サンガ新書)作者: 島田裕巳出版社/メーカー: サンガ発売日: 2018/03/08メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 明治維新までは天皇家は仏教徒だった(というか神仏混淆だった)のは常識の範囲だけど、明治以降も皇室、特に皇…

仏教抹殺 なぜ明治維新は寺院を破壊したのか / 鵜飼秀徳

仏教抹殺 なぜ明治維新は寺院を破壊したのか (文春新書)作者: 鵜飼 秀徳出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2018/12/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る タイトルの「なぜ?」に関しての答えは「保身のため」という結論。連綿と続く仏教施設が個…

戦前日本のポピュリズム 日米戦争への道 / 筒井清忠

戦前日本のポピュリズム 日米戦争への道 (中公新書)作者: 筒井清忠出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2019/01/11メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 「軍部の言論統制で日本は戦争に突入した」っていうのが作り話だというのは知っていた。日…

トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち / 藤原辰史

トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち (中公新書)作者: 藤原辰史出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2019/01/11メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 前から読みたいと思っていたのがやっとでkindle化。まいどの中公新書。 トラ…

プロテスタンティズム - 宗教改革から現代政治まで / 深井智朗

プロテスタンティズム - 宗教改革から現代政治まで (中公新書)作者: 深井智朗出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2017/03/21メディア: 新書この商品を含むブログ (12件) を見る ルターの宗教改革って当時のラディカルかと思っていたんだが、意外と穏健派…

戦国日本と大航海時代 / 平川新

戦国日本と大航海時代 - 秀吉・家康・政宗の外交戦略 (中公新書 2481) 作者: 平川新 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/04/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る 高校の同級生が書いたアジアの中の戦国大名みたいな話かと思ったら…

京都、パリ / 鹿島茂、井上章一

京都、パリ――この美しくもイケズな街作者: 鹿島茂,井上章一出版社/メーカー: プレジデント社発売日: 2018/10/17メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る この2人の対談がおもしろくないはずがない。そのうえ対談なので井上さんのキテレツな読点打ちに…

天皇と儒教思想 / 小島毅

天皇と儒教思想?伝統はいかに創られたのか?? (光文社新書)作者: 小島毅出版社/メーカー: 光文社発売日: 2018/05/25メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る お田植えは昭和天皇が最初だったとか、お彼岸の墓参は儒教の行事だとか、節句を太陽暦で祝う…

西洋の自死 / ダグラス・マレー

西洋の自死―移民・アイデンティティ・イスラム作者: ダグラス・マレー出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2018/12/14メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ドイツは戦後戦闘的民主主義と言われる「他人の自由を侵害する自由は許さない」という…

海賊の日本史 / 山内譲

海賊の日本史 (講談社現代新書)作者: 山内譲出版社/メーカー: 講談社発売日: 2018/06/20メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 港町に遊郭があるのを見てもわかるように、かなり近い時代まで日本では海上交通が重要な輸送手段だったんだが、今となっ…

神社崩壊 / 島田裕巳

神社崩壊(新潮新書)作者: 島田裕巳出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2018/08/24メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 富岡八幡宮事件だとか宇佐神宮の騒動だとか神社本庁の実態だとか、期待通りの内容だった。

鉄道が変えた社寺参詣 / 平山昇

鉄道が変えた社寺参詣 (交通新聞社新書)作者: 平山昇出版社/メーカー: 交通新聞社発売日: 2015/12/07メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 有名社寺への初詣は鉄道会社のプロモーションで始まったってのは知っていたし、かつては参拝のための鉄道が…

本音化するヨーロッパ / 三好範英

本音化するヨーロッパ 裏切られた統合の理想 (幻冬舎新書)作者: 三好範英出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2018/09/27メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る 「本音化」というキーワードに共感したので読んでみた。 いきなり序盤に書いてあるけど…

憂国論――戦後日本の欺瞞を撃つ / 鈴木邦男、白井聡

憂国論――戦後日本の欺瞞を撃つ (祥伝社新書)作者: 鈴木邦男,白井聡出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2017/12/22メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 噛み合っているのか、噛み合っていないかと言うと、噛み合っていない方に近いと思う。特に白井さ…

応仁の乱 / 呉座勇一

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)作者: 呉座勇一出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2018/06/08メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 売れまくっていたのに(売れまくっていたゆえ?)なかなかkindle化されなくって、待ちくたびれた頃…

出家とその弟子 / 倉田百三

親鸞と日本主義で言及されていたので興味を持って青空文庫で購入。 戯曲というのは想定外でげんなりしたけど、読みやすかった。なんか悪人正機説の一端がわかったような気がする。 言葉の使い方で今と意味が違うようなものがあって興味深い。 発明 → 賢明な…

物流は世界史をどう変えたのか / 玉木俊明

読み始めは「わぁ、網羅的にべたっと解説しためりはりの乏しい本?」と思ったけど、その後読み進めたら、それぞれにストーリーがあっておもしろかった。船の材料の産地と貿易の盛んなところが一致しないとか、ポルトガル人が世界に出ていったのは王家の援助よ…

南北朝 / 林屋辰三郎

南北朝 日本史上初の全国的大乱の幕開け (朝日新書) 作者: 林屋辰三郎 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/12/13 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る この頃の歴史の流れは「鎌倉幕府が衰退して、一時的に後醍醐天皇親政が行われたけど、武…