ubuntuで流れている音をsoxで録音する 2

 これの続き。

doroyamada.hatenablog.jp

 いつの間にかrec の-dオプションが効かなくなった。指定してあってもUA-30の音が録音されている。録音を開始してからpavucontrolでGUI切り替えするとそのディバイスの音を録音可能。

 しばらくあれこれいじっていて、謎解明。いろいろ試している時にpacmd set-default-sourceをやっていたせいだった。修正。切り換えが成功したかどうかのメッセージは出ないけど、失敗したときだけエラーが出るもよう。

kazz@oscar ~# pacmd set-default-source alsa_output.pci-0000_01_05.1.hdmi-stereo.monitor

 逆に、-dオプションはまるごと削除しても録音は可能だった。こちらの方が優先されるのか。そういえばdefault sinkの方もかなり優先順位が高かった。

 解明前に、他の方法としてparecコマンドへの切り換えも考えたけど、録音時間指定ができなそうだったのでパス。

 ちなみにsinkとsourceのリスト。

kazz@oscar ~/bin/sound# pacmd list-sinks|grep name:
	name: <alsa_output.pci-0000_01_05.1.hdmi-stereo>
	name: <alsa_output.pci-0000_02_00.1.hdmi-stereo>
	name: <alsa_output.usb-Roland_UA-30__48000Hz__Digiral_REC_-00.analog-stereo>
kazz@oscar ~/bin/sound# pacmd list-sources|grep name:
	name: <alsa_output.pci-0000_01_05.1.hdmi-stereo.monitor>
	name: <alsa_output.pci-0000_02_00.1.hdmi-stereo.monitor>
	name: <alsa_output.usb-Roland_UA-30__48000Hz__Digiral_REC_-00.analog-stereo.monitor>
	name: <alsa_input.usb-Roland_UA-30__48000Hz__Digiral_REC_-00.analog-stereo>
kazz@oscar ~/bin/sound# 

 流れている音をキャプチャする時のディバイス名には.monitorがつく。

keypassファイルが消えて焦った話

 パスワード管理はマルチプラットフォームのオープンソースアプリkeepassxで管理している。
www.keepassx.org
 データファイルはsyncthingでxubuntu PC、Androidスマートフォン、Androidタブレット、WINDOWSタブレット間の同期を行っている。

 ところが、PCでkeepassxを起動してみたらファイルがない。バックアップは取っていなかったし、他の端末でも同様に消えている。どうやらAquos Sense 3をsyncthingにjoinさせた時に、新しいディレクトリを指定し直してその空のディレクトリに合わせてしまったっぽい。

 まずはsyncthingの同期を停止。そうしないと復活してもまた消されてしまうので。
 extundeleteで復活を試みるが、「No undeleted copies found in the journal」で不発。

 Aquos Sense 3を購入以来電源を入れていないWINDOWSタブレットならと思って探してみたら発見。ただし2018年5月のタイムスタンプ。最近入力したものはない。でもそれでもましなので、SDカード経由でPCにコピー。あとはGoogle Chromeのパスワードマネージャからデータをコピペして必要なものはなんとか復元。生き返った。

 cronで1日1回バックアップを取るように設定。syncthingにはバージョン管理機能もあるけど、今回は導入見送り。

 「どっかのディバイスにあるから特にバックアップはいらんだろう」と考えていたのは大間違いだった。そりゃ一つ消したら全部同期して削除されるもんな。
 

新型コロナウイルスの「もしかしたら」

  • もしかしたら、新型でも何でもなくって、従来からあったんじゃないの。
  • もしかしたら、多くの人がすでに免疫持っている、あるいは簡単に免疫を作れるんじゃないの。武漢でも最大に見積もった最終感染者数は人口の10%程度だっていうし。
  • もしかしたら、すでに多くの人が無症状のうちに感染しているんじゃないの。
  • もしかしたら、SARSもMERSも多くの人が免疫を持っているか、無症状で感染したから消えたんじゃないの。
  • もしかしたら、これから毎年新型コロナウイルスが「発見」されるんじゃないの。
  • もしかしたら、従来型コロナウイルスで国内でも年間万単位の人がなくなっているんじゃないの。
  • もしかしたら、インフルエンザウイルスに比べるとコロナウイルスって真剣に研究されていないんじゃないの。治療や検査の方法まもちろん、ウイルスの同定・分類も。

 ただ、武漢周辺で急拡大、死者続発だった理由が説明できない。医療水準が低めだとか、患者拡大で病院からあぶれる人が多かったというのはあるんだろうけど。あるいはこのエリアでは過去に類似のコロナウイルスが流行していなかった可能性も。

 SARS CoV 2が怖くないってことじゃなくって、従来型コロナウイルスもインフルエンザも同じように、あるいはそれ以上に怖いってこと。

 今の考え。

はてなブログのログイン時のヘッダ非表示再び

 いつの間にか直ったこの症状が再発。
doroyamada.hatenablog.jp

 今回はGhosteryを一時停止や信頼できるサイト指定しても「サードパーティーのCookieが無効になっています」のままで変化なし。

 そもそもサードパーティCookieのブロックは設定してないんやけどなあ。

追記

 対処法が書いてあるページにたどり着いた。やってみたら成功。
bussorenre.hatenablog.jp

早くはてなに対応してほしい所ですが、結構根深い問題なのでM80 (全ユーザーにこの変更が適応される予定のバージョン)までに対応されるかは不明です。 (今の所、はてな公式からアナウンスはないです)

 バージョン見てみた。

 80になっていた。公式アナウンスはないはず。

トラックボールがおなくなりに

 愛用しているLogicoolのトラックボールM570tが2月頭ころからおかしくなった。

  • 親指でボールを動かしても動かないが、人差し指で動かすと動く。
  • 人差し指があたる位置(ほぼ真上)に親指を持っていっても動かない。
  • 本体を振るとしばらくは動く。
  • 本体を前上がりに置くと動く。
  • クリーニングしても変化なし。

 よくわからんが、とりあえず前上がりにして使っていた。

 数日前からホイールがスクロールダウンしにくくなった。いよいよ限界かと諦めてamazonに発注。型番が変わっているけど、どこが変わっているかわからん。

 過去の注文履歴を見ると2年ちょっとが寿命ものもよう。

 284円足せば3年保証になるけど、面倒だし、その頃には次のモデルが出ているかも知れないので通常の1年保証に。

ついにUA-30がお亡くなり、かと思いきや

 スターデジオのエアチェックをしようとするが、録音レベルが0のまま。UA-30を見たら入出力の大きさを示すLEDが光っていない。光デジタルケーブルを抜いてみると光は来ているもよう。USBケーブルを抜き差ししても変化はなし。これまで何度もお亡くなりになったかと思わせながら復活してきたUA-30さんもついに限界か。
 信号を出す側の問題も確認しておこうかとスカパーチューナの電源をオフにしてから投入してみたら復活。UA-30が原因ではなかったようで。

 一応代替品として他で使っていた饗音digi plusを持っているんだが、UA-30がUSB TYPE Bなのに対してこちらはUSB mini B。PCからアンプ近くに引っ張っている長いUSBケーブルがUSB TYPE A オス ⇔TYPE B オスなので、アダプタを用意するするか、ケーブルを買い換えなければならないという問題が。この機会に発注しておく。汎用性があるよう、TYPE A メス⇔TYPE B メスにしておいた。

ヒラキの通販のクレーム処理にもやもやした話

 もう1年近く前の話だけど、まとめておく。

 きっかけは、フロントパニア加工用のデイパックをヒラキに発注したこと。決済はLINE PAY。見かけはクレジットだけど実質はデビットに近いという決済。
リュックサック | 【ヒラキ】激安靴の通販 ヒラキ公式サイト-HIRAKI Shopping-

登録と発注

 まずはユーザ登録。googleの自動入力で姓名の区切り位置が違った状態で送られしまったけど、オンラインで修正ができない。これはメールで依頼して修正されたのを確認。
 内容を確認して発注。

落書き品到着とクレーム

 届いたバッグを見てびっくり。落書きされている。なんじゃい(3)って。

続きを読む