gpsbabelの日本語ファイル名処理

 gpsbabelは日本語(正確にはマルチバイト)のファイル名を扱えない仕様だった。ところが今日gpsbabelfeで試してみたらいけた。
 ではと、一括処理のスクリプトを作って処理させようとしたら扱えない。しばらく悩んだが原因判明。コマンドライン版とGUI皮でベースになるバージョンが違っていた。


 ではソースからコンパイルしてみるかと試したが。QTなんちゃらが見つからんというてmakeできない。

 synapticで見るとgpsbabelもGUIも1.5.4のはず。試しにアンインストールしてみると

 ありゃ、まだファイルがあるがな。
 which gpsbabelして、sudo rmしてから再度インストール。

 コマンドラインも1.5.4になりました。日本語ファイル名も使えるようになった。

apt upgradeが失敗した件

 adbdのアップグレードが失敗する、曰く

.../android-tools-adbd_5.1.1.r38-1.1_amd64.deb を展開する準備をしています ...
/var/lib/dpkg/info/android-tools-adbd.prerm: 6: /var/lib/dpkg/info/android-tools-adbd.prerm: Syntax error: "fi" unexpected
dpkg: 警告: old android-tools-adbd package pre-removal script subprocess returned error exit status 5
dpkg: 代わりに新規パッケージからスクリプトを実行してみます ...
dpkg: アーカイブ /var/cache/apt/archives/android-tools-adbd_5.1.1.r38-1.1_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--unpack):
 このパッケージの新バージョンにはスクリプトがありません。終了します
処理中にエラーが発生しました:
 /var/cache/apt/archives/android-tools-adbd_5.1.1.r38-1.1_amd64.deb
E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)

 /var/lib/dpkg/info/android-tools-adbd.prerm の中身は以下。

#!/bin/sh
set -e
# Automatically added by dh_installinit
if [ -x "/etc/init.d/android-tools-adbd" ] || [ -e "/etc/init/android-tools-adbd.conf" ]; then
	invoke-rc.d android-tools-adbd stop || exit $?
fi
# End automatically added section

 デーモンが起動されていない時でもデーモンを停止しようとしてエラーを返す?
 強引に書き換え。

#!/bin/sh
set -e
# Automatically added by dh_installinit
if [ -x "/etc/init.d/android-tools-adbd" ] || [ -e "/etc/init/android-tools-adbd.conf" ]; then
#	invoke-rc.d android-tools-adbd stop || exit $?
	exit
fi
# End automatically added section

 apt upgrade したら問題なくアップグレード完走。

ubuntu LTS アップグレード

 クライントPCとおうちサーバPCのubunutを14.04LTSから18.04LTSにアップグレード。

 クライアントPCではこれまでディフォルトのターミナルに指定していたgnomeターミナルが起動しなくなっていたのでxfceターミナルを使うことにする。
 upgradeでエラーが出るのでsudo apt -f installを実行し、それでもエラーが出るパッケージをpurgeして再度upgrade。

 おうちサーバではログインするときに「Your Hardware Enablement Stack (HWE) is supported until April 2019.」と表示されるようになったけど、これは特に対処しなくてもよいもよう。
 こちらはupgradeが必要なかった。というか、クライアントPCでupgradeが失敗していたと言うべきか。

中華タブレット、早くもトラブル

 買って1か月も立たない中華タブレットPipo N7がすでにトラブル。
doroyamada.hatenablog.jp

 画面に何も表示されなくなった。電源が言っているのか行っていないのかさえわからん。

  • 電源ボタン長押しのあと、電源ボタンを押すと1分ほどしてビープ音、さらに1分後にも同様。
  • 毎朝の起動時刻に指定している6時に同様の2度のビープ
  • リセットホールを突いた後で電源を入れても同様。
  • リセットホールを突いた後でリカバリーモードに入ろうとしても反応なし。
  • リセットホールを突いた後でファストブートモードに入ろうとしても反応なし。
  • PCのUSBに繋いでもマウントされないし、adb devicesでも反応なし。
続きを読む