読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天智朝と東アジア / 中村 修也

books

天智朝と東アジア 唐の支配から律令国家へ NHKブックス

天智朝と東アジア 唐の支配から律令国家へ NHKブックス

 以前からダウンロードしていたけど、日本書紀を先に読んでからにした。

 白村江の戦いで敗れてから天智朝は唐の羈縻政策による支配を受けていて、水城や大野城はそのための設備だったと。確かに納得できる。正しいかどうかは判断できんけど。

 この時代の歴史を語るってことはどうしてもある程度推測・推理文体になるのはしゃあないんやろうな。

ubuntuのchromeがアップデートされない

PC

 gmailを開いたら「このバージョンのChromeはサポートされていません」と表示される。手動アップデートしても変化なし。

 検索してみた。

sicklylife.hatenablog.com

 /etc/apt/sources/list.d/を除いてみたら

### THIS FILE IS AUTOMATICALLY CONFIGURED ###
# You may comment out this entry, but any other modifications may be lost.
# deb http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main

 とコメントアウトされている。この#を外したら無事アップデートされた。


 この過程で「deb http://ppa.launchpad.net/ondrej/php/ubuntu xenial mainが/etc/apt/sources.listと/etc/apt/sources.list.d/ondrej-ubuntu-php-xenial.listの両方で登録されとるがな」とウォーニングが。phpのバージョンをubuntuオフィシャルより新しいものにした時の影響か。
doroyamada.hatenablog.jp

 /etc/apt/sources.listの方をコメントアウトしたが、mbstring系のものが削除されたように表示された。

/etc/apt/sources.list.d/ondrej-ubuntu-php-xenial.listの中身は

deb http://ppa.launchpad.net/ondrej/php/ubuntu xenial main
# deb-src http://ppa.launchpad.net/ondrej/php/ubuntu xenial main

 となっていた。deb-srcがコメントアウトされてしまったのが原因か。こちらのコメントアウトを外した。

syncthingでmashmallowの外部SDカードをシンクロナイズする

PC mobile

 そのままではまず外部SDカードのディレクトリを指定できない。これは設定画面から「高度なフォルダ選択を使用する」をチェックすると指定可能になる。

 さらに、そのままではエラーが出るので、シンクロナイズするディレクトリに.stfolderという空ファイルを作成する。作成できるかどうかはアプリ次第だけど、ES file explorerは作成できた。

 これでandroid6から他のディバイスへコピー可能になる。逆は検証していないので不明。スマートフォン上の画像ファイルをPCにコピーするのが目的なので、これができれば十分。
 上記の手順はどっちが先でも可。

京都アイネットの解約手続きがいろいろひどい

 京都アイネットの解約手続きを調べていたらいろいろひどかった。

 解約手続きを書いてあるページは2つ。ひとつはサポートページ。

 もうひとつはFAQのページ。

  • サポートページに書いてある「メール、FAXで各種専用用紙を取り寄せる際のお願い」はFAQページには書いてない。
  • FAQに書いてあるフリーダイヤルはサポートページには書いてない。
  • そもそもなんでアナログで2往復もせなならんの?
  • FAQページの「各種申請用紙の依頼をメールでされる場合、 ご返信にお時間を頂くことがございますのでご了承願います。」ってギャグですか?
  • FAQページからダウンロードできるはずの申込書PDFが見当たらない。

 ソースを見て愕然。

<div class="p_agree_target" style="display:none">

<ul>
  <li>
    <div align="left">◇ 「個人会員退会届」 ・ 「団体特別会員退会届」<br>
          ・カスタマーサポート総合窓口 (TEL : 0800-123-0484) までご連絡ください。<br>
      <br>
      ◇ <a href="/pdf/service-k01.pdf">付加サービス解約届</a> (PDF 2ページ) <br>
          ・kyoto-InetBB<br>
          ・NTTフレッツ各種接続<br>
          ・転送メール保存<br>
          ・SPAMチェック<br>
          ・kyoto-IPhone<br>
          ・固定IPアドレス<br>
          ・メーリングリスト<br>
          ・独自ドメインサービス(JP/com/net/org)など<br>
      <br>
    ◇ <a href="/pdf/service-h01.pdf">接続付加サービス月払い変更届</a>(PDF 1ページ)<br>
    ・会員費の 例)【年払い】→【月払い】 契約へのご変更</div>
  </li>
  <li></li>
</ul>
<p align="left"><br>
  ※ 【月払い】→【年払い】の契約変更はできません。</p>
</div>

 display:noneですよ、おくさーん!隠しているとしか思えない。
 しかも退会届用紙は結局ダウンロードできないらしい。変更手続きだけ。あきらかにやめる人へのいやがらせ。

www.ejworks.com

 いまや京都アイネットはeiworksの一事業。でその親会社は2016年夏に大炎上したPCデポ。炎上したのと同じような発想を感じる。

 で、PCデポ社長の兄上の経営するノジマがニフティを傘下に収めることになった。となると将来はejworksと統合なんかな。統合までいかんでも同じような経営方針になるやろうな。長いことniftyをメインプロバイダーとしてきたけど、検討すべき時期が来たんかな。

日本書紀:全訳 / 宮澤豊穂

books

 やっとで読了。kindle版。「古代倭王の正体」に「日本書紀の7割は朝鮮半島の話」とか書いてあって、まずは読んでおくべき本だろうなと思ったもんで。

  • 天皇家だけでなくヤマト王権の諸豪族も神話の神々にルーツをもつことになっている。連合政権というのがよくわかる。
  • 仲哀天皇、かわいそう。
  • 雄略天皇や武烈天皇の記述って易姓革命の影響あるよな。
  • 蘇我家が稲目の時に唐突に出てくる。
  • 朝鮮半島の話は確かに多いが、7割もない。印象的には2割くらいか。
  • レイプ事件多すぎ。
  • 蝦夷といえども朝貢・饗応の関係にあった部族も多い。
  • 種子島は異界扱いだった。
  • 琉球の話は出てこない。
  • 阿倍比羅夫は蝦夷の後白村江の戦いにも参加していた。
  • 白村江の戦いの後も新羅からの朝貢は続いていた。ただし「手みやげを持ってきた使者」程度かもしれない。
  • 中大兄皇子の皇太子時代長すぎ。謀反の疑いかけすぎ。
  • 蘇我倉山田石川麻呂は謀反の疑いを掛けられて死んだ。
  • 新羅の使者が突然中国風の名前(=今の朝鮮民族的な名前)になる。ただし揺れ戻しあり。
  • いいことがあったことよりもいいことがありそうな兆しがあることの方を喜んでいるって。日本人の占い好きは当時からなんか。

 訳には微妙にバイアスがあるような気がするが、たとえあっても大きな流れの中では大した話ではないだろう。

日本書紀 全訳 【上巻】

日本書紀 全訳 【上巻】

日本書紀 全訳 【中巻】

日本書紀 全訳 【中巻】

日本書紀 全訳 【下巻】

日本書紀 全訳 【下巻】

Garmin vivosmart HR+の測位が遅い

mobile

 vivosmart HR+を買ってそこそこ使ってきたけど、GPSが衛星を捕捉してスタート可能になるまでに時間がかかりすぎ。計測はしていないけど、5分くらいかかったように感じる時もある。
 検索してみるとすぐに計測するといっている人もある。3分くらかかるという人もいる。どんな条件で早くなるんだ?

 計測データはかなり正確。さすがガーミン。

doroyamada.hatenablog.jp

トランプ当選は第二次世界大戦の終わり

essay

 トランプ勝利に限らず、イギリスのEU離脱が決まったり、フランスやドイツで極右政党が伸びたりといった現象が続いている。世間的には右傾とか、アンチグローバリズムとか、ナショナリズムとか、貧困・格差拡大とかが言われている。私が感じるのは、自由だとか平等だとか反差別だとか平和だとか民主主義だとか、そういう高邁な価値観のうさんくささ、現実解決力の低さに人々が気が付き始めたということじゃないかということ。

 第一次世界大戦同様、第二次世界大戦も遅れてきた帝国主義的国家が先行していた帝国主義国家に挑んで敗れたもの。第二次世界大戦において、連合国側は国家単位の利益ではなく、ナチスの悪行を足がかりにして、過去の自分たちの行いは棚に上げて悪に対する正義の戦いという構図を作った。その時の正義の証拠、旗印が自由とか平等とか反差別とか平和とか民主主義とか。それは戦後も、主にアメリカの支配を正当化するために、アメリカ自身はもちろん、同盟的関係にある国家でも広く建前として共有され、維持されてきた。黒人であるオバマの大統領就任を経て、女性であるヒラリー・クリントンの当選でその価値観が完成形になるはずだった。
 だが、そういった価値観の上に情報技術や輸送技術の発達が加わると、必然的にモノやカネやヒトの移動が盛んになり、移民問題とか、それに伴う失業問題とか、社会福祉問題とかが出てきて、各国民がその価値観自体を疑い、投票結果に現れるようになったのが昨今の動き。

 となると、次は連合国改め国際連合(日本名が変わっただけで、英語はずっとUnited Nations)についてもこれから地位低下は必至。

 日本で自民党が圧倒的勢力を持っているのは、どっちかといういと他の選択肢が乏しいことによるもので、価値観のレベルまで国民は意識して投票してはいないと思う。ただ「日本は悪いことをしました。反省して世界の平和と反映のために尽くします」という、日本国憲法の文面通りの考え(=戦勝国側の終戦当時の期待)に対する懐疑はすでに多数派なんじゃないかと感じる。

 トランプ大統領については、モノとヒトの国境越えを制限しようとしているけど、カネの動きを制限する政策は今のところ聞こえてこない。でもカネが越えている限り、他の2要素の越境を防ぐのは昔くなるんじゃなかろうか。かといって、カネの越境を制限するのは難しい。そのあたりのバランスのとり方次第で早く破綻するかもしれないし、2期目があるかもしれない。