32bit ubuntuを再インストールせずに64bit化

 PC新調にあたり、atom330環境での先行64bit化を企んで、見つかったのが以下のページ。

d.hatena.ne.jp

 だいたい理解したが、/をchroot下のoldディレクトリにマウントする意味がよくわからんかった。
 それと5年前の記事で古いためか、apt-cache検索してもlinux-image-*-amd64というパッケージは見つからなかった。

 そこで英語まで検索範囲を広げて見つけたのはこの記事。
 
askubuntu.com

$ sudo dpkg --add-architecture amd64
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install linux-image-generic:amd64

 でカーネルの64bit化成功。プログラムは32bitのままに置いておく。ただchromeとvivaldiはdpkg -iで64bit版をインストール。なんかいっしょに多くのライブラリが64bit化されたっぽい。

PC発注

 このところAVアンプに繋いだマルティメディアPCでamazon prinme nusicを聞くことが多い。操作はVNCでメインPCから。ところが、とにかくChromeが遅い。最初はVCNが遅いのかと思ったけど、他のアプリケーションはすぐ切り替わるのでChromeのせいだとわかった。vivaldiをインストールしてみると少しは早くなった。ではとmidoriを試してみたけど、たまにうまく行くけど、プラグインを入れろと怒られたり、再生準備画面から先に進まなかったり。

 スワップが無駄に発生しているようだったのでできるだけやらないように変えてみたが、やはり遅い。

続きを読む

カーナビゲーションの地図データ更新

 京都縦貫道の開通でいよいよ不便さが増してきたので、カーナビの地図を更新することにする。調べてみると、KENWOODのナビはMapfanと提携して、年間3,600円で随時更新可能らしい。さっそく登録。シリアルナンバーも必要ということだったが、登録カードとか本体の裏側を見なくてもナビ上に表示することができる。

 更新の前にまずファームウェア更新。これはSDカードの上にファイルを廃すればいいので、ubuntu上からそのまま更新用カードを作成可能。地図アップデートはナビでなんらかのおまじないをしたSDカードが必要。これはファームウェアアップデートが成功した後そのSDカードをそのまま流用した。ファームのアップデートに要した時間は2分程度。

 extフォーマットにでもなるのかなと思ったが、そのままfat32だった。

続きを読む