アクセスランプがないケースにアクセスランプをつける

 重い腰を上げて、PCのケースをミニタワーからコンパクトなやつに入れ替え。いや、入れ替えたのは中身か。ドライブベイが不要になったのでぐっと小さくできた。

 導入したケースはこちら。HDDを返品した時のポイントを使って143円。



 このケースにはアクセスランプがない。SSDは音で判断できなくて不安なのでつけることを考える。

 元のケースについていたやつは、解体用にLEDの根元付近で脚を切ってしまったので流用困難。後悔先に立たず。ホットメルト固定だったので、ヒートガンで温めてケースから引っこ抜いたらそのまま使えてたのに。

 京都は電子パーツ店がほぼ絶滅しているのでさっと買いに行くわけにはいかない。PCパーツとしてはいろんなものがセットになった抱き合わせ品しかなさそう。
 ふと「5Vなら100均のLEDライトが使えるやん」と思って物色。ダイソーのものを購入。

 分解。ちょっといじっていたら赤のケーブルのはんだ付けがはずれてしもうた。チップ抵抗1つで2つのLEDの電流をコントロールしているもよう。

 元のケースについていたコネクタをはんだ付け。

 ケースの内側に養生テープではりつけ。

 無駄に明るいアクセスランプ完成。

x.com

 明るすぎるだろうということは覚悟はしていたが。抵抗1個で2個のLEDをコントロールしているので1個だけ外すと設計外になりそうやしな。

 その後ホームセンターにいったら5V用の抵抗とセットになったLEDが5組300円くらいで売っていた。でもこっちの方が絶縁とか気にせずに済むというメリットがあるな。