DTI光に移行した、けど計算違い

 結局縛りもなく安く質も悪くなさそうなDTI光に決めた。 
doroyamada.hatenablog.jp

 12月27日にウェブサイトから申し込み、翌日に確認の電話があった。工事日は1月12日になると。
 1月9日には書類が郵便で届く。

開通までのいろいろ

 12日に帰宅して、接続してみるが繋がらない。
 ではとDTIのWebメールを見てみると1ガウ8日に「設定を試みたけどあかんかった。5日以内に電話して」とのメールが。平日の蛭間しか受け付けしていないし。翌週は海外出張でだしで、それは無理。ウェブのフォームから「とりあえずどういう状況かだけでも教えて」とgmailにも返信がくすように設定して送信。
 海外出張中にGmailにもメールが届く。

転用手続き完了前に「IPv6(IPoE)接続サービス」の手配が連携された
ことでエラーとなったもの考えられますため、弊社側で再申請を手配
させていただきます。

ご利用可能となりますまで、今しばらくお待ちいただきますようお願い
いたします。

これだったら別に電話しなくても済みそう。

 帰宅した20日、まずはメールを見てみる。1月15日付で[「 [DTI] DTI 光 開通手続き完了のお知らせ」とのタイトルのメール。

DTI光プランにつきまして開通手続きが完了しましたことをご案内申しあげます。

 つないでみるが、繋がらない。
 ちゃんと動いている時は「IPv6(IPおE)接続蘭に開始日が記録されてその右のセルのボタンは「詳細」になり、魅了の場合は空欄でボタンは「申し込み」になるということだが、その両方が混じった状態。

 さらに「詳細」をクリックして遷移する先のページでは「オプションサービス開始日」が空欄になっている。
 「いったいこれ、なんですねん?」とメール。

 翌21日、メールを見ると深夜2時3分に「[DTI]IPv6(IPoE)方式対応サービスご利用開始のご案内」とのメールが。

IPv6(IPoE)接続サービスのご利用開始準備が整いましたので対応機器の設
置をお願いいたします。

 あとから考えると15日のメールにはIPv6接続ができたとしか書いていない。別々に設定されるものだったとは想定外。「オプションは後日の設定です」と書いておいてほしかったところ。

IPv4 PPPoE接続の誤算

 21日のメールをよく読むとこんなことが書いてある。

■PPPoE接続について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
IPoE方式でのIPv4接続完了後、従来のPPPoE接続はご利用いただけなくなり
ます。

 「IPoE方式でのIPv6接続」のまちがいだろう。
 という話はどうでもよくって、PPPoEのIPv4接続ができなくなるとな。ルータ2台使いでIPv4おうちサーバを使うつもりだったので全くの想定外。
 速度はしっかり出ていた。ただし平日の13時過ぎ。

 続き。
doroyamada.hatenablog.jp