読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦国夜話 / 本郷和人

books

戦国夜話 (新潮新書)

戦国夜話 (新潮新書)

 石田三成のひ孫が徳川家光の側室だったとか、関ヶ原の戦いの時に黒田官兵衛は豊前豊後でちまちまと戦っていたとか、弟子を連れてこない約束の巌流島の戦いに宮本武蔵は弟子を連れてきたとか、いろいろおもしろい話が満載。

 婚姻とか養子による人間関係がややこしくて「夜話」というほど気楽に読めず、なんども行ったり来たりしたわ。歴史関連の本を読むときにいつも思うんだが、登場人物は毎回フルネームで書いてもらったほうが読みやすいんじゃなかろうか。専門でやっている人は一度出てきた人物は名のみ(姓なし)じゃないとくどくてしょうがないんだろうなとは想像するけど。